ドコモ 次は全機種ワンセグ搭載!・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ 次は全機種ワンセグ搭載!


07年冬モデル 900シリーズの機能を大幅に強化!

NTTドコモは7日、携帯電話端末の基幹機種「900シリーズ」について、今秋に発売する07年冬モデルで機能を大幅に強化することを明らかにした。携帯端末向け地上デジタル放送の「ワンセグ視聴機能」のほか、海外でもそのまま使うことができる「国際ローミング機能」など3つの機能を全機種に標準搭載する。

激戦区の携帯電話市場において,先日,大手各社の夏モデルでの特徴を持った新機種のPRが終わったばかりでありますが…ドコモは,早速冬モデルのコンセプトを発表しましたね…多少苦戦気味なので…巻き返しを狙っての戦略は…



昨年10月の番号ポータビリティ制(番号継続制)のスタートで、顧客争奪戦が激化するなか、端末の機能アップで、AV(音響・映像)機能で先行するKDDI(au)や価格競争を仕掛けるソフトバンクモバイルに対抗する。
標準搭載するのは、ワンセグや海外通話に加え、最大毎秒3・6メガビットの高速パケット通信が可能な「FOMAハイスピード」の3機能。日本や韓国を除く各国で使用されている通信規格「GSM」に対応することで、韓国以外の各国でそのまま使用できる。
KDDIやソフトバンクモバイルは、06年冬モデルから、音楽視聴機能や「ワンセグ」などのAV機能を強化。ドコモは機能の充実で出遅れたことが、昨年11月に初めて契約数が純減となるなど苦戦を強いられた一因と指摘されている。
このため、ドコモは「900シリーズ」の機能強化を加速する必要があると判断。今秋に3機能を標準搭載した機種を同シリーズの「905i」モデルとして発売する。
同シリーズでは06年冬モデル「903i」が最新機種で、これまでのシリーズ展開では、今夏モデルとして改良版の「903iS」を発売するが、完全な新機種として「904i」を投入。今冬モデルは「905i」とし、機能の進化をアピールしていく。
一方で、普及モデルの「700シリーズ」については、顧客のニーズが多様化していることに対応し、機能面より薄さや軽さ、デザインにこだわったモデルを投入。900シリーズとの違いをより鮮明にしていく。
また、投入モデル数については、番号ポータビリティがスタートした06年度が約50機種と過去最大に増えたが、07年度は例年並みの40機種程度に絞り込み、“量より質”を重視する戦略だ。

これからは…携帯電話もワンセグと海外通話は必須条件となりそうですね!
ドコモは冬モデルとして『905i』の機能強化モデルがどれだけ人気を集めることが出来るのかというところではないでしょうか!?機種数も絞り,質重視の展開で攻めるようですが…この後,大手2社がどのような展開をしてくるのか…まだまだ携帯電話市場からは目がはなせないようです!



(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。