世界初のフルハイビジョンムービー・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初のフルハイビジョンムービー


ビクターから3月発売!!

日本ビクターは7日、世界で初めてフルハイビジョンで記録できる家庭用ビデオカメラ「エブリオ GZ-HD7」を3月中旬に発売すると発表した。

最近のテレビの需要は高額であっても高画質を要求する消費者の意向があるので,ハイビジョン対応の薄型テレビの普及が物凄い勢いですよね!その追い風に一緒にのるべくビクターのビデオカメラの新製品対応のようです!



フルハイビジョンは1080本の走査線による表示方式で、ハイビジョンの中で最も解像度が高い。昨年末にはフルハイビジョン対応薄型テレビが国内の薄型テレビ全体の2割近くに達した。ビデオカメラを主力製品とするビクターは、将来的に大きな需要が見込めると判断。他社に先駆け、日本のほか欧米市場にも投入する。
新製品には60ギガバイトのハードディスクを搭載し、高精細な映像を最大5時間記録できる。また、放送局用カメラで使われる「フジノン」のレンズを使うなど、エブリオの最上位機に位置付けた。実勢価格は20万円前後。

高画質薄型テレビの他にもPCのOSでは最近映像機能を強化したビスタも発売されましたし,メディア市場での高画質要求がうなずけます!
今回発売されるビクターのフルハイビジョンムービーもまさしくその傾向にあり…プロ嗜好のカメラのようです!価格も20万円程度で,どれくらい一般消費者が受け入れるかがキーになりそうですね…



(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。