エッフェル塔のイルミネーション消灯・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッフェル塔のイルミネーション消灯


エッフェル塔消灯で地球の温暖化阻止をアピール!

フランスではパリの名所エッフェル塔などが1日午後7時55分から同8時まで5分間、イルミネーションを消した。地球の温暖化阻止をアピールするためで、環境団体「地球のための協定」などの呼びかけによるもの。

フランス国民の各々の環境問題に関する意識レベルはどの程度なのか不明ですが,シンボルであるエッフェル塔でこのようなアピールを行えば更に国民意識も向上すると思われるので,大変良いことだと思いますね!



同団体によると、1000万の市民が5分間、電気の消費を中止した場合、フランスでの電気消費の1.5%が節約できる。エッフェル塔はパリ市が所有者だが、パリ市所有の10以上の公共の建物も「5分間停電」に協力したほか、メールで呼びかけられたパリ市民をはじめ、リヨンやマルセイユ、トゥールーズなどの市民のほか、ブラジル、ドイツ、ベルギー、スペイン、オランダなどの一部都市でも「5分間停電」が実施された。
パリでは2日に地球温暖化の研究や予測を集約する国連の「気象変動に関する政府間パネル(IPCC)」が新報告書を発表するが、関係者筋によると、2100年までに地球の温度が確実に数度上昇するほか、2億人が気象の悪化によって移動を余儀なくされる「気象難民」化すると予測している。

フランスを初め,他国でも地球温暖化に対する強く危機感を持ち,取り組んでおられるようですね!住民の意識レベルを向上させる手段として,5分間停電を実施しており,すばらしいことだと思います!
各国も他で実施している方法を参考にし,全員活動をしなければなりませんね!!



(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。