世界初の携帯対応広告自動配信・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初の携帯対応広告自動配信


コンテンツマッチの携帯電話版サービスを開始!

ネット広告大手オーバーチュア(東京都港区)とNTTデータは1日、ニュースやブログなどの内容に即した広告を自動配信する「コンテンツマッチ」の携帯電話版サービスを開始した。パソコンでは広く普及しているネット広告手法だが、携帯電話版は世界初という。これまで広告が付きにくかったニュースやブログの新たな収入源になりそうだ。

ここ最近では…携帯電話でのブログやニュースの公開をしているユーザーが増加しており,更に利用者が増加傾向になると推測されることから,広告主やアフィリエイトをする方にとっては新たな市場拡大として喜ばしいサービスではないかと思います!



NTTデータと言語理解研究所(徳島市)が開発したソフトウエア「なずき」を使い、記事内容を解析する。単なる固有名詞の単語抽出にとどまらず、文脈から話題や行動などを推論して単語を抜き出すことが可能。デモンストレーションでは「私の彼、最近車を買ったんだよ。明日は軽井沢へ連れて行ってくれるんだ」というブログに対し、「旅行」という単語がなくても、宿泊や飲食店、宿予約サイトなどの関連広告が表示された。
広告主が好ましくないと思われるニュースなどには広告を付けないことができる。広告収入はオーバーチュア、NTTデータ、媒体(Webサイト)で分配する。
携帯電話は通信速度の向上で、音声通話よりもデータ端末としての利用が増えており、検索語に関連した広告が表示される検索連動型広告サービスも始まっている。これにコンテンツ連動型を加えることで広告媒体としての価値を高める。
検索エンジンマーケティングのアウンコンサルティングによれば、昨年の検索・コンテンツ連動型広告の市場は1068億円(携帯向け21億円)だが、4年後には3171億円(同189億円)に急拡大すると予測している。

広告の形態として,コンテンツマッチの自動広告配信は,PCでは既に効果的な広告方法と立証されており,多くのユーザーが利用しているので,携帯電話においてもより効果的なのでしょうね!これからの携帯電話での広告形態の主流になるのではないでしょうか!?


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。