松下 デジカメ春モデル6種発表!・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下 デジカメ春モデル6種発表!


ターゲットは…女性と団塊世代!

松下電器産業は31日、デジタルカメラ「ルミックス」シリーズの春商戦向け新商品6機種を2月9日から順次発売すると発表した。団塊世代を意識し大型液晶モニターを採用したモデルや若い女性がスタイリッシュに使いこなせる世界で最も薄いモデルを投入するなど、ターゲットとなる世代を明確にしたのが特徴だ。

モニターの大きさや薄型仕様という使い易さをポイントにしたモデルを販売するとことですので…ターゲット層だけではなく,男性や幅広い年齢層からも人気が出るのでは…



業界初の団塊世代向けという「DMC-TZ3」(実勢価格4万7000円前後)は、新開発した同社として最も薄い約0・95ミリのレンズを搭載。横105ミリ、縦59・2ミリ、厚さ36・7ミリという、光学10倍ズームレンズ搭載機種では世界最小を実現。被写体や撮影した写真が見やすい3・0型の大型液晶モニターも採用した。
若い女性を意識した「DMC-FX30」(同4万円前後)は、厚さがわずか22ミリ。広角28ミリレンズ搭載機種では、世界で最も薄いという。
このほか、全機種に、ブレ防止機能として被写体の動きの速さや大きさを検知し感度などを自動調整する独自の機能を搭載した。6機種合計で月産14万台を予定している。
同日の発表会に臨んだパナソニックマーケティング本部の平原重信副本部長は、「デジカメの絶対的前提条件である小さな本体に、機能を凝縮した」と自信を示した。

携帯電話のカメラ機能の向上で,若年層は携帯電話でカメラを兼用するというような傾向も否定できない状況下において,今回のモデルのセールスポイントにユーザーがどの程度飛びつくか…特に本物志向が比較的多い団塊の世代ユーザーの動向がキーになりそうですね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。