YouTube ユーザー1/3がTV視聴減少・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube ユーザー1/3がTV視聴減少


YouTube ユーザーの73%は『 YouTube に広告が挿入されたら今より見なくなる』と回答

米国の成人オンライン利用者の42%が YouTube でビデオを視聴しており、14%は頻繁に利用している――米Harris Interactiveの1月29日の調査報告で明らかになった。またYouTubeを頻繁に利用する人の32%は、YouTubeに時間を費やす分、テレビの視聴時間が減ったと回答している。

インターネットでの動画視聴は…テレビとは違い,空いた時間に自分の好きなものを視聴できるというメリットがありますから!このような結果になるのは納得できますね…



YouTubeヘビーユーザーの66%は、 YouTube を見るためにほかの活動を犠牲にしているという。ほかのサイトに行く時間が減る(36%)のは当然だが、次に犠牲になっているのはテレビの視聴時間(32%)だった。またメールの送受信、IMやSNSなどのネットでの付き合い(20%)、仕事・宿題(19%)、ビデオゲーム(15%)、DVD視聴(12%)、家族や友人と過ごす時間(12%)が挙げられた。
テレビと広告業界にとって問題なのは、 YouTube の中心ユーザーが、両業界がなかなか獲得できない若い男性層という点だ。18歳から24歳の男性の76%は YouTube を利用しており、41%は頻繁に利用している。
しかし、YouTube もここから収入を得るのは難しいようだ。すべてのビデオに広告が挿入された場合ヘビーユーザーの73%が YouTube の利用度が減るだろうと答えているのだ。31%は「かなり減る」42%は「多少減る」としている。
Harrisは18歳以上の2309人を対象に、昨年12月12日から18日にかけて調査を実施した。

業界としては…ヘビーユーザーの男性若年層の維持と広告収入との両立が最大の課題のようですね…
広告配信方法がキーポイントになると思われるので,どのような手段で実践するか…注目ですね!!



(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。