Adobe PDF仕様を標準化へ!・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe PDF仕様を標準化へ!


PDF仕様全体を「デファクトスタンダード」から「標準」に!

米Adobe Systemsは1月29日、同社の「Portable Document Format(PDF)1.7」仕様を標準化団体に提出すると発表した。 同社はこの仕様をAIIM(Enterprise Content Management Association)に提出する。国際標準化機構(ISO)による標準化が目的という。

Adobe Readerは無料で利用できて便利ですし,日本でも利用者が増えておりますよね!
正確な数字は不明ですが…標準化にしようとしているという事は世界レベルでかなりの普及率なのでしょうね…




Adobeは1995年からさまざまな作業部会に参加し、ISOのプロセスの中でPDFのサブセットを標準化する取り組みを進めてきた。現在はPDF for Archive(PDF/A)、PDF for Exchange(PDF/X)などのサブセットが標準となっている。今回はPDF仕様全体の標準化を目指す。
「今回の発表は、PDFがデファクトスタンダードから正式なスタンダードに進化する上で妥当な次の一歩だ」とAdobeの上級副社長兼チーフソフトウェアアーキテクト、ケビン・リンチ氏は発表文で述べている。
AdobeがPDF 1.7の仕様を提出した後、AIIMの下で結成された合同委員会が対処すべき問題を特定し、解決策を提案し、草案を作成する。草案は承認に向けてISOの合同作業部会に提出される。

インターネットの急速な普及で最近の電子書籍やレポートなんかはPDF仕様が多く使用されておりますね!今後…標準化,特に国際標準化機構(ISO)による標準化が確立されれば,公文書などにも利用され,シェア拡大をすることが出来るでしょう!!今後の動向に注目です!!


(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。