宇宙の巨大鏡で温暖化対策・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙の巨大鏡で温暖化対策


アメリカ政府 国連へ提案

宇宙空間に浮かべた鏡で太陽光線を反射するという温暖化対策の研究を今春に出される国連の報告書に盛り込むよう、米政府が提案する。英紙ガーディアンが伝えたもので、試算では太陽光線の1%も反射すれば産業革命以来出してきた温室効果ガスの効果を十分相殺するという。排出削減を柱にした京都議定書とは反対の、いかにも米国らしい“プラス志向”?。

全世界で問題視している地球温暖化… 確かに抑制や規制の手法対策が多い中でのアメリカの今回のアイディアは斬新な内容ですね!



軌道上に打ち上げた巨大な鏡で反射するほか、光を反射するホコリを大気中に放出するといった方法もあるという。
国連は今年、人為的な気候変動リクスに関する知見をまとめた3つの報告書を出す。各国政府関係者や科学者らが参加する「気候変動に関する政府間パネル」が作業に当たり、草稿が各国政府に回覧される。米国は今年4月に予定されている第2の報告書の、最も目立つ要約にこれらの研究開発について盛り込むよう働きかけるという。
米国は2001年に京都議定書の枠組みから離脱し、強制的な温室効果ガスの削減には反対の立場をとってきた。その一方で石油代替エネルギーとしてバイオ・エタノールを推進するなど、新たなビジネスに結びつく対策には熱心だ。
SF映画ばりの“宇宙の鏡作戦”も、宇宙産業には大きなチャンスといえる。もっとも、報告書の草稿はこうしたアイデアをあげ、費用も他への影響もわからない理論的なものと指摘しているという。

アメリカは京都議定書案には消極的でしたが…今回新たな手法の提案という事で,何とか,この手法が理論だけで終わらないよう推進して欲しいものです…
地球温暖化に関しては非常に驚異的なこと…国連が中心となり,各国政府機関や企業が大々的に取り組んでおりますが,我々人類一人一人が日常生活での課題の中でも大きく効果に結びつく内容が沢山あります!他人事とは思わずに地球温暖化対策に積極的に参加し,みんなの地球を救いましょう!!



(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。