Readers’ Choice Awardsの結果・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Readers’ Choice Awardsの結果


世界全体で最も強い影響を与えたブランドは2年連続でGoogle -米調査結果-

オンラインマガジンのbrandchannelは1月26日、ブランドについて毎年実施している「Readers’ Choice Awards」の結果を発表した。6回目となる今回の調査では、純粋に「どのブランドが生活に最も影響を与えたか」を基準とし、そのブランドを持つ企業の経済力や、影響の善悪は問わない。従って良いイメージで印象に残った場合もあれば、悪いイメージの場合もある。

6回も実施されたということですが,私は初めて耳にしましたし,非常に面白く興味深い内容の調査が実施されているのですね!



それによると、世界で最も強い影響を与えたブランドとして選ばれたのはGoogleで、2年連続の1位獲得となった。2位はApple、3位はYouTube、4位はWikipedia、5位はStarbucksである。YouTubeとWikipediaは初のトップ5入りを果たした。
またYouTubeとWikipediaは、北米ランキングでもともに上位5位にランク入りしている。ユーザー主導型コンテンツは急速に勢いを伸ばしており、特に北米ではMySpaceが15位に、craiglistはランキングに初登場した2003年の39位から今年は7位へと浮上した。北米カナダの順位は、1位Apple、2位YouTube、3位Google、4位Starbucks、5位Wikipediaである。
アジア太平洋地区では、PS3、ノートPC電池問題と、良くも悪くも話題になったソニーが1位、2位トヨタ、3位HSBC(銀行)、4位Samsung、5位ホンダがランク入りした。
欧州およびアフリカでは、2006年に新たに16店舗を開店、2007年にはルーマニア、アイルランド北部ほかに24店舗を出店予定のIKEAが1位、2位がSkype、3位がNokia、4位がZara(アパレルブランド)、5位がadidasとなった。
Brandchanneは2006年末に、99カ国の3600人以上を対象に調査を実施。年齢は26歳から35歳、性別はほぼ半々。調査参加者には最も影響を与えたブランド5つを選び、投票してもらった。

Googleが2年連続トップというのは納得ですね!日本のブランドはアジア太平洋地区ではソニー,トヨタなどトップ3に入っていますが,世界レベルだと未だ及ばないようであり残念です…調査対象者の年齢幅をもう少し広げるとまた違う結果になると予想されるので,興味ありますね…


(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。