「小麦粉使わないピザ」を発明・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小麦粉使わないピザ」を発明


食感は本物そっくり!アメリカで販売!

デモインのラジオ局WHO-AMのパーソナリティー、バン・ハーデンさんが考案した生地のないピザ「バン・ハーデン・ピザ」が話題となっている。
通常小麦粉で作られる生地の部分がチーズでできている。小麦粉は一切入っていないが食感は小麦粉のものとほぼ同じ。材料、製法の特許取得を代行したマーク・ハンシング弁護士は「見たこともない食べ物だった」と話す。

小麦粉も使わない!生地がなく食感が本物そっくりのピザ!って…ピザ好きの私には凄く気になる話題ですね…



「食品業界が求めるとてもユニークな発想。米国で増えている小麦アレルギーの人にも喜ばれる」とは、製造元リトル・レディー・フーズのダン・ジオケーリス社長。
考案のきっかけは、ハーデンさんのけが。「一昨年、芝刈り機に足を巻き込まれて手術を受けてからパン類を食べられなくなった。医師には麻酔のせいかもしれないといわれたが、原因はわからない」とハーデンさんは語る。
パンを口にしなくなってから体重が30キロ減り、生まれて初めてスリムな体形になったそうだが、「ピザが恋しくてたまらなかった」と言い、妻と一緒に肉やチーズをゆでたり焼いたり、試行錯誤した末、ようやく数種のチーズを組み合わせた今の生地にたどりついた。
「バン・ハーデン・ピザ」は直径33センチサイズが8ドル(約960円)。中西部で200店舗を展開するスーパーチェーン、ハイ・ビーが半生、冷凍の2タイプを販売している。

発明の背景には…食べられなくなったピザに対する食べたいという強いの思いと奥さんの協力があったようですね^^
生地の部分がチーズで食感が同じようだというのは食してみないとなかなか想像つきませんが…一度食べてみたいものです!!



(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。