世界最小のワンセグチューナー開発・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最小のワンセグチューナー開発


シャープのモバイル機器搭載世界最小ワンセグチューナー!!

シャープは23日、携帯電話などモバイル機器に搭載する世界最小のワンセグチューナーを開発し、30日から量産出荷を始めると発表した。9ミリ四方で厚さは1・5ミリと指にのるほど小さく、モバイル機器のさらなる小型化につながるという。

薄型テレビでは大型化の方針を展開しようとしているシャープが,ワンセグチューナーでは世界最小の開発!ワンセグ対応のモバイル機器のユーザー要求は薄型・軽量化がありますので,嬉しいですね (*^^)//



同社の従来品は1センチ四方の大きさだったが、基板の薄型化やICを小さくするなどして、チューナー本体の小型化に成功した。消費電力も95ミリワットと100ミリワットを切った。
シャープは、従来品を含めたワンセグチューナーの月産能力を現行の50万個から3月までに100万個に倍増させる。サンプル価格は1万円だが、量産が進めば下がるという。
ワンセグ放送は昨年4月に始まり、昨年末には全国の都道府県で視聴可能になった。これに合わせて、ワンセグを楽しめる携帯電話などが登場しているが、新たにチューナーを搭載しなければならず、商品が大型化してしまう傾向にある。このため、電子部品各社は、チューナーの小型化に力を入れている。

確かに未だワンセグ対応の携帯電話の普及率は高くはありませんよね…私個人の感想としても…コンパクトさを求めているので,この世界最小のチューナーが量産搭載され価格もリーズナブルになれば間違いなく普及率もUPするでしょうね…


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。