日本の「バレンタインデー」の習慣・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の「バレンタインデー」の習慣


イングリッド・バーグマンのキスシーンがヒントに

女性が男性にチョコレートを贈るという日本の「バレンタインデー」の習慣が、米国映画「誰が為に鐘は鳴る」(1943年)のイングリッド・バーグマンとゲーリー・クーパーとのキスシーンがヒントになって生まれたことをご存知だろうか。

もうすぐバレンタインの季節…日本での習慣はアメリカ映画だったんですね…(^_^)3 フムフム。
当たり前のように女性が男性にチョコを贈るという形式に疑問を持ったことがなかったのですが…詳しく知りたくなっちゃいましたね…




日本での「バレンタインデー」とチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店が36年2月に掲載した国内英字新聞の広告が最初とされているが、チョコレートをテーマにバレンタインデーのキャンペーンを始めたのは、メリーチョコレートカムパニー(東京都大田区)が58年に行ったモノと考えられている。映画でバーグマン扮する女性から男性への告白シーンに感動した若き日の同社原邦夫社長が、当時の“シャイ”な日本の女性でも、「バレンタインデー」にチョコレートを贈ることで、男性へ愛の告白ができるのではと思い、キャンペーンを始めたという。
そのチョコレート、58年に伊勢丹新宿本店で初めて行われた「バレンタイン・セール」では、3枚しか売れなかった。だが、「女性が男性に1年に1度愛が告白できる日」という同社のキャッチコピーなどが年々女性の心を捉えて、女性から男性へチョコレートを贈るという日本の「バレンタインデー」の慣わしが徐々に定着していった。
60年代に入ると、2月14日は「女性が男性に愛を告白する日」として確立され、チョコレートは好きな人に手渡すプレゼントとして定着する。70年代には、大手チョコレートメーカーが、次々にバレンタインデー・キャンペーンに参加し、「バレンタインデー」のイメージはさらに、「恋人同士の愛の証(あかし)」の日へと移行していった。80年代には「義理チョコ」が出現。90年代に入り、景気の低迷が始まると、「グルメ志向」「本物志向」に様変わりし、この頃から、日本の「バレンタインデー」に海外メーカーの参入が始まる。そして、21世紀を迎えた00年代には、これまでのギフトとは別に、「マイセルフバレンタイン」など頑張る自分の“ごほうび”という考えも生まれる。
05年の国内チョコレートの売り上げは約4400億円で、そのうち16%の約700億円がバレンタインデーセール期間中の売り上げという。原社長は「(バレンタインデーが)このような国民行事になるとは思いもよらなかった」と過去50年間を振り返り、感慨深げに語った。

チョコレートを贈るアイディアはチョコレート会社の男性社長だったと言うのは驚きですね (@_@)
てっきり…海外の習慣なんかを真似したんだろうなぁ…って思ってたんで意外でした…
一年に一度の大切な日!!一緒に居ると色々とあるでしょうけれど…この日くらいは素直な気持ちで過ごせたら良いですよね^^



(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。