Google ビデオ広告配信・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google ビデオ広告配信


Google 広告付ビデオをテキスト広告のようにAdSenseシステムで配信テストを開始

米Googleは1月22日、大手レコード会社2社と協力してWebサイトにビデオ広告を埋め込み、高い期待を集めている同社のビデオ広告システムのテストを拡大すると明らかにした。
同社は現在進行中の4週間のテストで、AdSense広告システムを介してWebサイトパブリッシャーに対し、SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTおよびWarner Music Groupのビデオと一緒に広告を配信するとしている。

現状でもGoogleの広告は高評価を得ているが,更にビデオ広告配信とは…さすがはGoogleと言う感じです!非常に興味深いビデオ広告の詳細は…???



「この数カ月、パートナーや広告主と協力して、高品質のビデオコンテンツと広告を組み合わせ、Google AdSenseネットワークで配信する方法を見出すためのテストを行ってきた」とGoogleは声明文で述べている。
今回のレコード会社2社とのテストは、GoogleがViacomのMTV Networksと実施したビデオ広告システムの公開テストに続くものだ。公開テストではGoogle広告を掲載する一部のWebサイトでミュージックビデオを提供した。
このテストでは、広告主は1000インプレッション当たりのコストに応じて課金される。これはマスマーケット広告で採用されてきた課金方法で、Googleがテキスト広告で普及させたペイ・パー・クリックモデルの反対だ。
Googleはこの数カ月、大きな成功を収めたテキスト広告システムを、ビデオやラジオ、携帯電話などの新しい広告フォーマットに拡大する取り組みを進めてきた。
例えば、Warner Musicは複数のビデオチャンネルを「ロックミュージック」あるいは「ポップスの歌姫」などのテーマに沿って定義する。Webサイトオーナーはビデオチャンネルを選んで、それをサイトのAdSense広告用のセクションに埋め込むことができる。ビジターはこうした広告を掲載しているサイトで、ビデオチャンネル内の広告付きビデオをクリックして視聴できる。
Googleの広告システムは広告による収益を3分割してコンテンツ保有者、Webサイトオーナー、Googleに分配する。正確な分配比率は公表されていない。
GoogleはAdSenseブログの発表文で限られた数のWebサイトパブリッシャーのみに参加を要請したと述べている。
「向こう数週間かけて、われわれは少数のパブリッシャーと、AdSenseビデオの配信とスポンサーシップのテストを行う」とAdSenseプロダクトマネジャーのクリスチャン・オストリエン氏はブログに記している。

検索サービスのシェア№1の実力を持っているだけに素早く手軽にクオリティの高い映像広告を視聴できるようになれば必然的にビデオ広告依頼も利用者も増えることは予想できますね^^
早期の実現化に期待が高まります!!



(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。