全保険新規取り扱い一時休止・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全保険新規取り扱い一時休止


東京海上日動フィナンシャル生命

損害保険大手の東京海上ホールディングス(HD)傘下の東京海上日動フィナンシャル生命保険は28日、全保険商品の新規取り扱いを7月1日から一時休止すると発表した。事業環境の悪化を受けた措置で、既存の契約に変更は一切無いという。再開時期は未定。

生命保険の競争が激化している中,東京海上日動フィナンシャル生命保険で新規取り扱いを一時停止するようです…最近は医療やがんなどの第三分野の商品を強化している保険会社が多く見受けられるが,東京海上日動フィナンシャル生命保険の戦略はどのようなものなのか…



東京海上日動フィナンシャル生命は平成8年10月に営業を開始、変額年金保険を中心に販売してきたが、販売低迷に加え、事業環境の悪化もあり、当面の新規取り扱い休止を決めた。 昨年12月末時点の保有契約件数は約50万4000件。 また東京海上HDは同日、東京海上日動フィナンシャル生命に対し、財務基盤強化のため、400億円を追加出資することも発表した。保険金支払いなどに万全を期す。

年金問題がとりざされている昨今,年金保険も注目されている状況であるはずだが変額年金保険が販売不振だったのいうことなのだろうか…既契約者は変更なく保険金支払いに万全を期すということであるが,既契約者の不安心理は否定できないと思われ,いかに契約維持させるかが注目されるであろう…


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。