自己破産以外の借金解決方法とは・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己破産以外の借金解決方法とは


債務整理の具体的なサービス

最近、テレビや電車の中吊り広告などでよく見かけるようになった弁護士や司法書士による、債務整理の広告。名前は聞いたことがあるが、具体的にどんなサービスなのだろうか? 債務整理といえば自己破産という言葉を連想しがちだが、実は債務整理には主に(1)任意整理(2)自己破産(3)個人再生の3種類があるという。 それぞれの方法にはメリット、デメリットがあるが、複数の消費者金融やカードキャッシングからの借金が100万円以上にも膨れ上がり、返済が難しくなる多重債務問題を解決するための手続きとして一番ポピュラーなのが(1)の任意整理だ。

近年,自己破産をせざるを得ない状況に追い込まれているケースを多く耳にするようになりましたが,一般市民では知識不足で処理することは非常に困難であるがゆえに弁護士や司法書士に相談するしかない訳だが,ある程度の知識は身につけておくことが必要ではないか…



任意整理は、弁護士や司法書士が消費者金融などの貸金業者と利用者の間に入り、取り立て行為を中止し、高い金利の引き下げにより、借金の減額交渉を行い、生活再建が可能な分割返済の計画を立て、貸金業者と利用者が、新しい条件で再契約を結ぶ手続きだ。借金から逃れることになる自己破産の手続きとは根本的に違う。 また、任意整理手続きの過程で、法定金利の上限(年20%)を超えて過去に払い過ぎた利息である過払い金を計算し、現在の債務に充当して借金の額を減額できたり、過払い金が数十万円も現金で返還されるケースも多い。このような過払い金返還請求手続きも、この任意整理手続きに含まれている。

債務整理についてもケースによってどのような処理をすべきかある程度は認識した上で弁護士や司法書士に相談するのがベターですね…特に任意整理の際には過払い金返還のケースも多いようですから,消費者金融から借り入れする際にも法定金利を把握し適正な業者選択もひとつの予防措置となるでしょう…


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。