明治安田 初めてトップに・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治安田 初めてトップに


保険料収入等で日本生命を抜く

主要生命保険8社の平成23年4~12月期連結決算が出そろった。売上高に当たる保険料等収入は銀行窓口での保険販売が好調だった明治安田生命保険が前年同期比45・2%増の4兆1010億円となり、17・5%増の4兆805億円だった日本生命保険を抜いて初めて1位となった。

国内大手生命保険の決算が出たようですが,今回は明治安田生命が日本生命を抜き初のトップに躍り出たようです!生命保険も外資系の追い上げも激しく競争が激化してきている状況で各社工夫を凝らし展開しているようですが…



保険料等収入は4社が増収を確保した。明治安田は一時払い終身保険を中心とした銀行窓口での保険販売による保険料等収入が倍増した。一方で、前年に一時払い終身保険の販売が好調だった反動が出た住友生命保険は23・1%の減収、富国生命保険も子会社のフコクしんらい生命保険が銀行窓口での保険販売を抑制したため、18・3%の減収となった。 基礎利益は利息・配当金収入の増加などで明治安田、日本などの5社が増益。住友、第一、三井の3社が減益だった。

今回の明治安田生命の業績は銀行窓販の一時払い終身保険が牽引したようです!金融商品でハイリターン商品が薄くなってきた状況で生命保険の前期前納で運用するスタイルが増えてきているようですね…各社銀行窓販を拡大している状況にあり今後も利率競争で注目を浴びそうですね!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。