じぶん銀行 ローン事業一部買収・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じぶん銀行 ローン事業一部買収


アコムの個人ローン向け無担保ローン事業を買収

KDDIと三菱東京UFJ銀行が折半出資するじぶん銀行は20日、消費者金融大手のアコムが「キャッシュワン」のブランドで展開していた個人向け無担保カードローン事業を買収すると発表した。アコムが5月に同事業を会社分割し、じぶん銀行が継承する形をとる。買収額は約480億円とみられる。 5月以降、キャッシュワンの債権に対する保証事業はアコムが引き受けるという。

KDDI系の銀行が多額の買収額で消費者金融の事業の一部を買収するようですね…目的はカードローン事業の拡大とみられるがアコムにとってもメリットがあるようです…



じぶん銀行は、「じぶんローン」のブランドですでに個人向け無担保カードローンを展開しているが、貸付残高は100億円程度。一方、キャッシュワンの貸付残高(正常債権分)は450億円以上の規模を持つ。じぶん銀行は、キャッシュワンの資産と顧客を引き継ぎ、カードローン事業を一気に拡大させる考えだ。 アコムは売却資金を過払い返還の原資や運転資金などにあてる考え。 銀行が個人向け無担保ローン事業を行う場合、貸金業法の適用外となり、年収の3分の1を超える貸し付けを禁じた総量規制を受けず、自由度の高い事業が可能になる。

今回の買収については銀行にとっても貸金業法適用外による自由度の高いカードローン事業を拡大することで大きなメリットがあり,その反面,消費者金融アコムも過払い返還の原資を確保できるため双方にとって合理的な買収となるようです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。