韓国系ゲームのネクソンが東証上場・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国系ゲームのネクソンが東証上場


時価総額は今年最大5500億円

韓国系のオンラインゲーム大手、ネクソン(東京)が東京証券取引所第1部に上場した。株式総数は約4億2500万株で、1株1300円の公募価格に基づく時価総額は約5500億円となり、今年最大の新規上場。 上場に伴いネクソンは7000万株を新規に発行し、約900億円の資金を調達。資金はオンラインゲームの研究開発などに充てる。

激しく普及が進むオンラインゲーム市場ですが,ついに韓国系の大手オンラインゲームも上場するようです!国内でもGREEやDeNAも注目されておりますが,このブームはどこまで続くのか…



同社は韓国で創業。韓国や日本、アメリカ、中国で事業を展開し、2011年12月期の連結売上高予想は前期比22・1%増の852億円。従業員数は9月末時点で約3200人。 野村証券によると、上場時の時価総額としては3月に東証1部に上場したスナック菓子大手のカルビーを上回って今年最大。

オンラインゲームの魅力はインターネット接続して不特定多数で遊べて外出先でも楽しめるというところでしょうね…課金してグレードアップして競い合い参加者同士でのコミュニケーションができ幅広い年齢層に注目されています!今後も更に参入企業が増えていくでしょう!!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。