世界遺産 白川郷でライトアップ!・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 白川郷でライトアップ!


夕闇に浮かぶ白川郷!!

世界遺産に登録されている白川郷(岐阜県白川村)で20日夕、合掌造り集落のライトアップが始まった。照明のスイッチが入ると、かやぶき屋根の集落は幻想的な雰囲気に包まれた。

日本の伝統的な合掌造りの家屋が夜の雪景色に映え,ある意味幻想的な空間なんでしょうね…



夕闇に次々と浮かび上がる伝統的な木造家屋。今年は暖冬のため、例年なら約2メートルの積雪は約40センチという。
高台の展望台には多くの観光客。静寂の光景を目の前にして「きれいだね」と感嘆の声が上がった。風景をカメラに収めたり、うっとりと眺めたりして岐阜の冬の風物詩を楽しんでいた。
ライトアップは2月17日までに計7回行われる。毎回午後5時半から7時半まで。

程好い雪の量だとしても…例年の豪雪時とは違った風情を味わうことが出来るのではないでしょうか…日本の遺産だけではなく世界遺産として認められた白川郷の合掌造りの集落を日本文化の象徴としていつまでも維持し次世代にも伝承し続けて欲しいものですね^^


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。