ジオス 破産申請・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジオス 破産申請


破産手続きの開始で社長が異議

英会話学校大手「ジオス」(東京)が破産手続きの開始を東京地裁に申請した問題で、同社の楠恒男社長は申請は「一部取締役と従業員によるもので、取締役会の総意ではない」とするコメントを発表した。

英会話教室の破産申請で記憶に新しいのは以前大手のNOVAもありましたが,今回の破産申請はまた大手のジオスのようです…ただ,今回の破産申請で社長は異議をとなえているようであり,破産申請手続などスムーズに行われるか心配ですが…



ジオスは景気低迷や英会話学校大手NOVAの経営破綻のあおりを受け経営が悪化した。だが、再建策について経営陣の間で意見がまとまらず、取締役会の決議を経ないまま、破産申請が行われた。楠社長は申請に反対していた。負債額は75億円。
社長が破産申請に異議を申し立てる異例の事態となったことで、今後の地裁の判断や手続きに影響が及ぶ可能性もある。

社長の破産申請へ異議申し立てで驚きましたが,今回の破産申請に関して経営陣で考え方の相違があり,破産に追い込まれてしまった実態も肯けるような気がします。ただ,やはり一番の心配は受講生への被害が懸念されるため,スムーズに処理し,最小限にとどめて欲しいものです…


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。