米半導体大手の日本法人が破綻・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米半導体大手の日本法人が破綻


富士通マイクロエレクトロニクス出資会社が事実上倒産

民間信用調査会社の帝国データバンクによると、富士通子会社が一部出資する米半導体メーカーの日本法人「スパンション ジャパン」(川崎市川崎区)が東京地裁に会社更生法の適用を申請し、事実上倒産した。

世界各国で企業の倒産,業績悪化などというように連日報道されておりますが…今回は富士通子会社が出資している半導体大手の倒産…国内大手の電機メーカーも業績悪化で苦戦しておりますので関連企業の倒産は予想しておりましたが…



設備投資や研究開発投資が重荷となり、半導体不況が重なって業績が著しく悪化した。負債額は約741億円で日本綜合地所(負債額約1975億円)に次いで今年2番目の大型倒産となり製造業としては今年最大規模。親会社の米スパンションには富士通の半導体子会社である富士通マイクロエレクトロニクスが11.4%出資している。

中小企業の倒産が目立っておりましたが今回の大型倒産は驚きましたね…倒産や業績悪化に追い込まれている企業は半導体などの電機関連だけではなく自動車を含む輸出関連の他に様々な業種に及んでいるため深刻な状況です…企業も抜本的な改善に追い込まれておりますが景気回復のために各国が連動し景気対策のスピードアップを望みたいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。