アーバンコーポレイションの経営破綻・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーバンコーポレイションの経営破綻


アーバンコーポレイションの民事再生法適用申請で貸出金の取立て不能か…

関西アーバン銀行とみなと銀行は14日、不動産会社のアーバンコーポレイションの経営破綻に伴い、同社への貸出金に取り立て不能や遅延の恐れが生じたと、それぞれ発表した。

昨今,建築・不動産関係の業界では厳しい状況が続いているようですが,不動産会社のアーバンコーポレイションの民事再生法適用申請に伴い,貸出をしている銀行でも被害を受けそうですね…



関西アーバンは約59億円の貸出金全額を担保で保全しており3月期の業績予想は修正しないという。
みなと銀行は、貸出金39億円のうち担保などで保全していない約19億円について、08年7~9月期決算で損失処理するとしている。
関西アーバン銀行は7月末に、不動産市況の悪化などを踏まえ、09年3月期連結決算の業績予想を下方修正していた。

アーバンコーポレイションの民事再生法適用申請での経営破綻は,翌日の日経平均株価にも多少影響を及ぼしているように見受けられましたが,東急建設では債権14億3700万円について7─9月期に貸し倒れ引当金を計上する予定で,五洋建設でも同社関連の手形債権22億8800万円を保有しているというように次々と企業の被害も明らかになってきましたね…他の金融機関でも泉州銀行や香川銀行,山陰合同銀行など中間期に損失処理するようです…まだまだ被害が明らかになってきそうですが,最小に食い止めて欲しいものですね…


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。