止まらないFXの動揺・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まらないFXの動揺


相次ぐ経営破綻,登録取り消し処分で外国為替証拠金取引(FX)業者見極めが重要

外国為替証拠金取引(FX)業者の動揺が止まらない。昨年8月の為替相場急変以降、財務上の脆弱さなどから経営破綻が相次いでいることに加え、証券取引等監視委員会が進めている集中検査で、内部管理態勢に問題を抱える業者の存在が浮かび上がってきたからだ。為替相場が落ち着きを取り戻すにつれ、個人の資金がFXに向かうことも予想されるが、投資家には業者選びを含めた熟慮が求められそうだ。

外国為替証拠金取引(FX)は個人投資家の間でもブームになり話題になっておりましたが,昨年夏の為替相場の急変以来,市場から撤退する投資家も増えたことも加わり,外国為替証拠金取引(FX)業者は経営破綻や内部管理態勢の問題の浮上などで動揺が止まらないようです…これからは投資家自身が業者選択知識が重要になりそうですね!



昨年8月の米サブプライム(高金利型)住宅ローン問題に端を発した急速な円高以降、破産したFX業者は、FX札幌(札幌市)、アルファFX(東京都港区)、日本ファースト証券(同中央区)、ニッツウトレード(同千代田区)の4社に上る。
このうち、ファースト証券に対しては、顧客保護のための緊急性があるとみて金融庁が8年ぶりに破産を申し立てた。ニッツウは約2億5000万円の債務超過で「預けた全額は戻ってこない可能性が高い」(金融庁証券課)とみられる。
さらに今月1日、ジェイ・エヌ・エス(名古屋市)に対し、東海財務局が登録取り消し命令を出した。監視委の検査で、海外居住者口座を利用した脱税への協力や金融先物取引法(現金融商品取引法)で禁じられた一任勘定取引、損失補填(ほてん)、自己取引で出した損失の顧客口座への付け替え、帳簿や事業報告書の虚偽記載、顧客と自己の財産の区分管理違反など不正行為の“フルコース”が発見されたためで、監視委の証券検査課は「何でもありで、検査研修の教材に使えそうだ」とあきれかえる。

今回明らかになった破産や登録取消を受けた外国為替証拠金取引(FX)業者の状況をみると,経営や管理の杜撰さがひどすぎますね…最近は急変した頃と比較すると為替相場も安定しつつあるようですし,また市場参入する個人投資家も出てくるでしょうから,安心してFXトレードをするためには,慎重に外国為替証拠金取引(FX)業者を選択することがキーポイントになりそうです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。