脱毛・薄毛に一筋の光明・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱毛・薄毛に一筋の光明


真皮再生医療を承認 国循センターと神戸大世界初の試み

国立循環器病センターの倫理委員会は手術で余った人間の頭皮に高い圧力をかけて細胞を取り除いた真皮を作製する研究を承認した。申請した山岡哲二生体工学部長らのグループは、将来的に脱毛・薄毛で悩む人にこの真皮を移植し毛乳頭細胞を注射して毛をはやす再生医療に発展させる計画で世界でも初の試み。

薄毛や脱毛で悩んでいる方は男性,女性問わず増えてきており,あらゆる改善手段が出回っておりますが…そんな中,脱毛・薄毛対策として新たな再生医療が承認されたようです!手術で余った人間の頭皮を利用して毛をはやすという方法のようですが,脱毛・薄毛の救世主となりうるのか?注目ですね!



研究は、神戸大学付属病院と協力、頭の手術の際に余った人の頭皮を利用。頭皮に水中で約1万気圧をかけて細胞を破壊し、コラーゲンやエラスチンなどタンパク質だけのスポンジ状にする。大きさは1センチ四方。
将来的には真皮に毛包細胞を移植して皮膚状にした上で移植、毛髪の形成を促す毛乳頭細胞を注射する。毛包、毛乳頭細胞は本人のものを培養するため、この細胞が機能する限り毛が生え続けると予想される。
脱毛症の多くは頭皮が薄くなり毛穴が変形するなど毛髪が生えにくくなっていることが多く、毛乳頭細胞を直接注射しても正常な育成は難しかった。今回は自分の細胞を使うため拒絶反応も抑えられるという。
神大病院の寺師准教授は「できるだけ早く臨床実験し本当に毛が生えてくるのか確認したい」と話している。

今回の脱毛・薄毛対策の医療技術は,頭の手術の際に余った人の頭皮を利用するというところから,脱毛・薄毛で悩む対象者でも少し抵抗を感じる方も出てくるかもしれませんが,期待できるかもしれませんね!?脱毛・薄毛は当事者にとっては深刻な悩み…高額な費用を費やしても解決できない方も多いと思いますので,早期に臨床実験を終了させ脱毛・薄毛の救世主となって欲しいものですね!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。