人材派遣業 グッドウィルが事業停止・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人材派遣業 グッドウィルが事業停止


全708事業所で人材派遣業を停止

厚生労働省東京労働局からの事業停止命令を受け、日雇いの人材派遣業の大手「グッドウィル」(東京、GW)は18日、全708事業所で人材派遣業を停止した。二重派遣など違法行為を繰り返したGWに、職を得られなくなる恐れのある派遣労働者からは休業補償を求める声が上がっている。

今やビジネスの雇用のスタイルで需要が多く注目を浴びている人材派遣業ですが…人材派遣業の大手であるグッドウィルが厚生労働省から最長4ヶ月という厳しい事業停止命令を受けて,人材派遣業を停止したようです。心配なのは派遣登録への対応の問題であり,どのような処置がなされるのか注目されるところでしょう…



人材派遣業の事業停止は18日から4-2カ月間。以前に派遣の実態があった契約を除き、新たな派遣契約や派遣に絡む営業ができない。GWでは既にスタッフの新規登録をやめ、受注の受付や営業も停止した。
GWの登録派遣スタッフは約290万人。他の派遣会社へ登録し自己防衛に追われる人が多いとみられる。
派遣労働者の相談に応じるため厚労省は全国の労働局に専用の窓口を設置。東京労働局には「停止期間中は仕事を紹介してもらえないのか」「契約はどうなるのか」といった相談が寄せられた。
GWに登録している方の話では「時間的には正社員と変わらない働き方をしている人が多く、休業補償をすべきだ。業界の在り方がいいかげんで別の派遣会社に移ったとしても同じことになる不安がある」と話す。
厚労省は昨年9月、派遣労働者も日雇い労働者向けの失業手当の支給対象とすることを決めたが、GWは適用事業所の申請をしていない。派遣労働者らでつくる派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は「申請を促す指導をせずに事業停止命令を出したのは問題だ」と厚労省を批判している。

今回は人材派遣業の大手グッドウィルが処分されましたが,派遣登録者は人材派遣業全体に対する不信感を抱いているようですから,もしかすると氷山の一角かもしれませんね…人材派遣業の業界全体で今回のグッドウィルの処分を教訓に,運営内容を含む体制を今一度見直しして欲しいものです!人材派遣業は需要が多い業種ですから,格差社会を増長させること無きよう健全な運営に取り組むことを期待します!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。