サブプライム ローンの救済策発表・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム ローンの救済策発表


ブッシュ大統領が返済の金利の5年間凍結を柱とする対策を発表

低所得者向け高金利型の住宅ローン(サブプライム ローン)の問題で、ブッシュ大統領は返済の金利の5年間凍結を柱とする対策を発表。変動金利の移行で返済が困難な借り手が対象で、借り換えや支払い条件の変更などで最大120万人が、住宅差し押さえの危機を回避できるとしている。

このローンの問題は,アメリカだけではなく,世界全体の株価や為替に影響を及ぼしていると言っても過言でないローンの問題までに発展しておりますが…ブッシュ大統領がこのローンの問題の借入れをしている方を対象とした対策を発表したようです!この対策で終息してくれればいいのですが…



対象は2005年1月から07年7月までに融資を受けて08年1月から10年7月までの間に、固定金利の期間が終わって変動金利に移行するサブプライム ローンの借入れをしている方が対象。
まず、米連邦住宅局(FHA)の保証を利用した固定の金利のローンへの借り換えを促進する。その上で借り換えができず変動の金利の移行後の返済にも耐えられない、借入れをしている方が、5年間の金利の凍結措置を受けられるという措置である。
ブッシュ大統領はこの枠組みによって、最大120万人の借り手が持ち家差し押さえの危機を回避できるとの見通しを示した。ただし、金利凍結には過去に返済が60日以上遅れた経験がないなど一定の信用力が必要。条件を満たさず、支払い条件の変更もできない借り手は結局住宅差し押さえとなるとみられ、民間アナリストは数十万人規模とみている。
住宅差し押さえの急増は、住宅価格下落や消費の落ち込みを通じて景気後退を招く懸念があり、対策は、財務省と大手銀行、住宅ローン会社、債権回収業者(サービサー)団体との協議で合意。ポールソン財務長官は会見で「公的資金投入はなく民間部門の取り組み」としたうえで、「万能薬ではなく、完全な解決策はないが、重要な第一歩だ」と強調した。

このローン問題に対する対策はこれまでにも実施されてきても,なかなか出口が見えず終息までには至りませんでしたが…今回の対策も公的資金投入はなく民間部門の取り組みということで,このローンの問題の解決策となるには難しいようです…ただ…継続的に可能な策を講じていけば緩和され,終息に近づいていくと思われますので,知恵を出し合い,関連する機関などは徹底的に取り組み,世界経済を安定させて欲しいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。