多重債務者 法改正で大幅減・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多重債務者 法改正で大幅減


全国一斉 多重債務者 相談ウィークを開催

金融庁は、消費者金融などから5件以上の借り入れがある多重債務者が、今年2月末から約40万人減少し、10月末で約139万人になったと発表した。昨年末成立した改正貸金業法で規制が大幅に強化され、新たな多重債務者の発生に一定の歯止めがかかった。

消費者金融などの貸金業は,金利のグレーゾーン撤廃や貸金業法改正の影響で,消費者金融の業界全体が厳しく,存続困難で再編を断念し撤退する消費者金融が多い中…それに伴い,複数の消費者金融から借り入れしている多重債務者も減少して歯止めがかかっているようです!



昨年5月では消費者金融の利用者は約1400万人、5件以上の多重債務者は230万人だったが、残高なしの人などを精査した結果、今年10月末の利用者は1100万~1200万人で残高は約12兆8000億円。ただ、クレジットカードによる借金等は含まず潜在的な多重債務者は多いとみられる。
一方、政府の多重債務者対策本部は10日から1週間、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会と連携し「全国一斉 多重債務者 相談ウィーク」を開催。延べ約450カ所で無料相談会を開く。渡辺喜美金融担当相は「多重債務者の減少は法改正の成果。1人で悩まず、ぜひ相談してほしい」と呼びかけた。相談会の会場、日時などは金融庁ホームページに掲載している。

多重債務者で対処しきれずに更に複数の消費者金融から借り入れしてしまうという悪循環のケースの方は周囲に相談できずにいるという傾向もあるようです…今回の金利のグレーゾーン撤廃や貸金業法改正で多重債務者は減少しているものの,クレジットカード等による潜在的な多重債務者は多いと推測されますから楽観視は出来ませんね…全国一斉 多重債務者 相談ウィークという場を政府中心で設けるようですので,多重債務で悩まれている方は相談して解決して欲しいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。