生活習慣病の予防の拡充へ・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣病の予防の拡充へ


生活習慣病の予防策の一環として生活指導料を引き下げ

厚生労働省は糖尿病など生活習慣病の予防策の一環として、医師が食生活改善や運動習慣の指導をした場合の診療報酬(生活習慣病 管理料)の引き下げを厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会に提案。現行では1カ月あたりの患者自己負担額が約5000円と割高で、利用が進んでいないため。下げ幅を調整し、平成20年度診療報酬改定で実現を目指す。

中高年を中心に,最近では若年層までも対象となっている生活習慣病ですが…今回,厚生労働省で,生活習慣病の予防策として,医師の指導の診療報酬(生活習慣病の管理料)の引き下げを提案したようです!生活習慣病は自己管理が一番重要ですが患者にとっては有難い提案です!



厚生労働省は、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病の「予備軍」を減らすことが、将来の医療費抑制につながるとみて、生活習慣病の予防に取り組んでおり、医師が「療養計画書」に、食事や運動、喫煙など改善すべき項目や目標などを細かく記入して患者に分かりやすく指導した場合に、生活習慣病の管理料として診療報酬を算定している。
中央社会保険医療協議会の7月調査では患者の負担増につながるなどの理由から予防指導をした医療機関は11・3%にとどまり利用しやすい額への引き下げが必要と判断。療養計画書の書式も一部簡素化することで医師の負担軽減も図り医療機関にも積極的に取り組んでもらうようにもする。
また、厚生労働省は、生活習慣病の糖尿病対策として「糖尿病足病変」など合併症の進行を防ぐための専門的指導や長時間の人工透析について報酬を手厚くする方針も示した。

現状の生活習慣病の原因の一つとしては,食生活の変化により増えたと言われておりますから,生活習慣病に罹っている患者にとって医師からの食生活改善などの指導を受けることは,改善に向けて非常に重要でありますので,生活習慣病の管理料の引き下げによる患者の負担軽減は生活習慣病の予防効果として期待できるでしょうね!更には生活習慣病の対象者に加え生活習慣病の予備軍も自己管理として,今一度,知識を再確認し予防対策を講じる必要がありますね!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。