消費者金融の大手3社 最終黒字も・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融の大手3社 最終黒字も


消費者金融のアコム,プロミス,武富士 中間決算発表

大手の消費者金融のアコム、プロミス、武富士の3社が8日、平成19年9月中間連結決算を発表、そろって最終黒字を確保した。出資法の上限金利引き下げに伴う過払い利息の返還請求の増加が一段落したことなどで、当初予想していた利益水準を維持した。ただ、審査の厳格化で各社とも貸付金残高を減らした。利息返還請求も高止まり状態にあり、厳しい経営環境が続きそうだ。

消費者金融の業界は,金利のグレーゾーンの撤廃や貸金業法改正で事業が厳しい状況にある中…大手の消費者金融の大手3社は中間連結決算で最終黒字確保の発表をしたようですね!まだ楽観視出来ない状況であることは間違いないでしょうけれども対策の効果と言えるでしょう!



過去に払い過ぎた利息の返還請求は高止まりの状態が続いているものの請求の増加に備えて厚めに積み増してきた引当金を取り崩すことで対応。想定していた利益水準を確保した。(アコム)
過払い利息の返還請求は下期は横ばいで来年以降減少に向かう(プロミス)と見て各社は引当金のさらなる積み増しはしない予定。このため、アコムとプロミスは同日、営業費用の減少などを理由に通期の営業利益予想をそろって上方修正した。
しかし、審査基準の厳格化に伴い、各社がキャッシングの新規申し込みのうち実際に契約できる人の比率である成約率を下げ、貸付金残高も減らした。今後はさらに貸し出しの総量規制が導入されることなどで市場規模の縮小は避けらない。アコムの木下社長は会見で「企業買収も一つの選択肢だ」と語るなど、業界再編が加速するのは必至の状況だ。

消費者金融の大手では,事業の売却や提携などと再編に向けて展開しているところもあり,決して楽観視は出来ないが損益効果が出ているようです!ただ…中・小規模の消費者金融では存続維持が厳しいところが多く経営手腕の見せ所でしょう…消費者金融のサービスは社会にとって決して不必要なものではないので,消費者金融の業界全体で再編に向けて尽力して欲しいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。