ふさふさでも薄毛と感じる…・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふさふさでも薄毛と感じる…


頭髪専門クリニック受診男性の約6人に1人は薄毛の治療が不要

薄毛で頭髪専門のクリニックを訪れる男性の約6人に1人は治療が不要。全国有数の患者数の治療に当たる東京・新宿の城西クリニックが今年1月から6月までに新規に薄毛で訪れた1010人のデータを分析したところ「治療不要」に分類できる男性が164人いたことが分かった。

今や薄毛は男性だけではなく女性でも悩んでいる方が多いと言われておりますが…そんな中,ある病院で薄毛で訪れた男性患者の分析で,約17%が薄毛の治療が不要という結果が出たようです!薄毛の基準は個人の判断基準でしょうから治療の必要性は微妙かもしれませんが,それだけ薄毛に関して敏感になっている人が多くなっているという事でしょう…



この164人は、ストレスの強さを示す数値が、治療が必要とされる他の男性より高く、ふさふさでも髪が薄いと思い込み、悩みを深めている実態も明らかになった。
治療の要不要は、頭髪の分布を判断する国際的な指標「ハミルトン分類」を使ってチェック。おでこの生え際の後退程度や頭頂部の状態などを基に7段階に分類。このうち少し生え際が後退したI、II段階は治療が不要とされている。分析ではI段階が18人、II段階は146人いた。最も多いのは生え際の後退が頭頂部に達し始めたIII段階で、343人が該当した。
ストレスの程度を国際的に利用されているチェックシートで診断したところ、Iの平均値が最も高い39.4。IIは38.5、VIIは30.5と、薄毛になるほど逆にストレスが少なかった。
精神科医でもある小林院長は特に若い世代に薄いことは駄目という思い込みが強いようだと分析。

今回の分析結果は,医学的な薄毛やハゲの基準を使用したようであり,ストレスの影響も例に挙げ,若年層ほど薄毛やハゲの思い込みやストレスが多いとの結果のようですね!ただ…若年層ほど薄毛やハゲに対する危機感が強く早期治療を望んでいるでしょうから,肯ける結果と言えるでしょう!食生活やストレス社会で従来より薄毛やハゲに悩む人口が多くなってきていることは明らかですから,早く薄毛の特効薬のようなものが出てくることを期待したいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。