投資家の保護徹底を!・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家の保護徹底を!


金融担当大臣 制度整備を強調 -全国財務局長会議-

金融庁は1日、全国財務局長会議を開いた。9月末の金融商品取引法の施行を受け、投資家や利用者の保護を徹底することなどが議題で、渡辺喜美金融担当相は「国民が投資信託、株式、債券など金融の商品を安心して利用できるような制度の整備と運用をしなければならない」と強調した。

金融商品取引法の施行や最近の世界的な経済への影響を及ぼしているアメリカのサブプライム ローンの問題を受けて,全国財務局長会議が開かれたようですが…会議の中心となったのは投資信託や株式,債券などの金融の商品の整備と運用による投資家の保護に関してだったようです!



このほか、銀行での生命保険などの保険商品販売を12月22日に全面解禁することへの対応や、米住宅 ローンの問題が国内の金融機関に与える影響の監視などについても議論した。
地方銀行、信用金庫など地域の金融の機関が地元企業を支援する機能を高めることや、消費者金融(キャッシング)など貸金の業者に対する規制も話し合われた。
金融商品取引法は銀行や証券会社が、投資信託、株式、債券などを販売する際に、元本割れなどのリスクを広告にはっきり表示することや、金融の商品内容の説明を徹底することを義務付けた。

今や日本でも個人の金融などの資産運用は,貯蓄よりも投資信託,株券,債権,先物取引などによる投資での資産運用に興味が集まっているだけに,金融の商品を取り扱う機関などの制度や運用の整備は徹底して欲しいですね!また消費者金融のキャッシングに関しても金利のグレーゾーンの撤廃で消費者金融自体は厳しい状況にありますが,利用者が安心してキャッシングできるよう金利を含むキャッシングの条件などのを確立させてイメージアップに努めて欲しいです!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。