チューリッヒ生命とニッセン提携・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリッヒ生命とニッセン提携


生命保険の事業で包括提携!

カタログ販売大手ニッセンホールディングスとチューリッヒ生命日本支店は生命保険の事業で包括提携すると発表。ニッセンが顧客に販売している生命・医療保障の無認可共済「共済会ファミックス」の契約を2008年中にチューリッヒに移転、10年をめどに両社で生命保険の合弁会社設立検討。

生命保険とカタログ販売という異業種間で生命保険の事業の包括提携が発表されましたね!生命保険の業界は一連の保険金不払いの問題で厳しい状況下にあるだけに,大手を中心に様々なアイディアで展開している流れを受けての巻き返しの戦略というところでしょうね!?



無認可共済は、08年3月までに保険会社かミニ保険会社に移行するか廃業するかの選択を迫られている。ニッセンはチューリッヒとの提携で既存契約の保障を継続、さらに通信販売事業で得た顧客データや両社のノウハウを活用し、生命保険のビジネスに本格的に参入したい考えだ。
共済会ファミックスの契約者数は06年12月末現在で約7万2000人。

今回の提携で無認可共済の課題は残されているようですが…厳しい状況下である生命保険の事業の販売戦略として,通信販売の客層を生命保険の販売の拡販に取り組む意図があるようです!生命保険の業界は正念場ですので今後も他の生命保険においても新展開が活発化しそうですね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。