メタボの原因は母親のタバコ!? ・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボの原因は母親のタバコ!?


小児の生活習慣病の検診で調査

母親が喫煙する子供は体内のニコチン分解物質の値が非常に高く、将来メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる恐れもあることが、埼玉県熊谷市の医師らが小学4年生を対象に行った調査研究で分かった。ニコチンの影響は、父親が喫煙者の場合の4・5倍に上っていた。

生活習慣病に発展してしまう可能性が高く,中高年の多くの方の身近な課題として意識しているメタボリックシンドロームですが…今回の調査で,一因として母親の喫煙が影響するという結果が出たようです!そうなると…生活習慣病の予防に向けての取り組みは自身の食生活改善などというように自己防衛だけでは避けられないことになりそうですが…なぜ母親の喫煙の影響が大きいのか?



調査は、井埜利博群馬パース大客員教授らのグループが実施。小児の生活習慣病の検診の際、希望者に対し両親の喫煙アンケートと、ニコチンが分解されてできる「コチニン」の尿中値の測定を行い、平成14年から18年までの計1048人分を分析した。母親が喫煙者だった子供は、尿中コチニン値が両親とも吸わない子の10・5倍に上り、父親が喫煙者の場合と比べても4・5倍高かった。

食生活の変化により増えたと思われる,生活習慣病につながるメタボリックに対する関心は非常に高く,原因や予防に関して敏感になっている方が多いと思うので,今回の調査結果は興味深いですね…調査項目が両親の喫煙の有無での結果ですので,喫煙量やタバコの種類によっても影響度合が異なると思われる事から,母親の喫煙に限定することには疑問も残りますが…影響はあることは否定できないでしょうね…確実に言える事は,生活習慣病の予防は自身だけではなく,家族や周囲も共同して実施しなければならないという事でしょう!決して楽観視できない状況にある生活習慣病やメタボリックですから,他人事とは思わずに,一人一人が今一度,知識を再確認し予防対策を講じる必要がありますね!生活習慣病に注意しましょう!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。