業界初のがん患者長期サポート特約・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界初のがん患者長期サポート特約


生命保険の業界で初の余命問わず生前給付 -住友生命保険-

住友生命保険は15日、がん患者が治療で回復が見込めなくなった場合に死亡保険金を生前に請求できる特約を29日に発売すると発表した。この「がん長期サポート特約」を付加することで、死亡保険金を生前に治療費や生活費に充てることができるようになる。

生命保険の業界では,保険金不払いの問題の信頼回復に向けて,大手の生命保険を中心に,様々な新サービス展開をしておりますが…住友生命保険では,がん長期サポート特約によって生前支給という業界初の新サービスを展開するようです!他社においても,がん保険を保有しているため,影響が大きいと思われますし,契約者や新規加入者にとっては良い方向に変化があるでしょうね!



医師から余命6カ月以内と判断された場合に死亡保険金を前払いで支払う特約は販売されていたが、余命を問わずに保険金を前払いする特約は生命保険の業界で初めて。これにより、生前給付の対象者が2~3倍に増加すると見込んでいる。
この特約では、がん患者が外科手術や放射線治療、薬物療法など一連の治療を受けたにもかかわらず、医師から治る見込みがないと診断された場合に死亡保険金を生前に支払う。請求の際には、治療の経緯や治癒の見込みなどを記した医師の診断書を同社に提出する必要がある。
保険金の上限は3000万円。そこから3年分の保険料と利息分を差し引いた金額を契約者に支払う。毎月の保険料が1万5000円で予定利率が1・65%の契約者が3000万円の保険金を受け取るケースでは、約200万円が差し引かれることになる。
支払い後も、保険金の残額がある場合は契約を継続することが可能。また、既存の契約者や、すでにがんで治る見込みがない状態となっている契約者も追加で加入できる。
生命保険の各社は、医師から「余命6カ月以内」と診断された場合に死亡保険金を前払いする「リビングニーズ特約」を販売している。しかし、医療技術の進展によって治る見込みがないまま数年にわたって生存するがん患者が増加。住友生命によると、同社の契約者でがんの転移が見つかった患者のうち、6カ月以内に死亡したのは36%だったのに対し、5年以上生存は21%に上った。
がんが転移した場合は、入退院を繰り返すことになるため仕事を続けるのが困難なほか、治療には多額の費用がかかるため生存中に死亡保険金の受け取りを望むケースが絶えなかった。
同社では、「リビングニーズで手に負えなかったケースを解決するために開発した。これにより、総合的ながんへの備えを提供できるようになる」(広報室)としている。

今回の住友生命の展開する生命保険の余命を問わずに保険金を前払いする特約は,生命保険の業界では初めてということですが…現状の医療技術,がん保険や生命保険の特約などの目的から考慮すると当然やるべき内容であった改定と思われ,個人的には,一連の保険金不払い問題以降の後付の対応であり,もっと早く対応しても良かったのではという気がします。一度失ってしまった信頼を回復するのは大変な労力や時間を有すると思いますので,着実に目的や本質を重視した生命保険やがん保険の規約や内容の見直しを実施して欲しいものです!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。