保険金の請求漏れ防止で動き出す・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険金の請求漏れ防止で動き出す


住友生命は診断書オーダーメード化,三井住友海上は意向確認書を電子化

多額の保険金不払いが判明し保険業界の契約者保護に対する姿勢が問われる中、不払いの要因となった契約者の請求漏れを防ごうと生命保険,損害保険などの保険会社が動き出した。

生命保険,損害保険などの保険業界全体に不信感を与えたと言っても過言でない保険金の不払い問題ですが…先日の記者会見でも更に増えて,窮地に追い込まれている状況の中,請求漏れ防止策として,根本的な対策を講じる動きをしている保険会社もあるようです!その防止策とは…



住友生命保険は15日から契約者が保険金を請求する際に保険会社に提出する診断書をオーダーメード化し記入欄をその契約者にとって必要な項目に絞ることで医師の記入漏れを防ぐ。これにより保険金給付の迅速化を図る。三井住友海上火災保険は24日から、契約しようとしている保険商品がその人のニーズに合っている内容であることを確認する意向確認書を電子化。契約者はその場で保険商品の内容を確認できるようになる。ともに生命保険、損害保険の業界では初めての取り組み。
これまでの調査で、請求漏れなどにより生命保険の業界で910億円、損害保険の業界で400億円に達する不払い額が判明している。商品が複雑化しているにもかかわらず、保険金は契約者からの請求がなければ払わないという「請求主義」が根底にある。この反省から、生命保険、損害保険の各社は販売時の説明や契約後のフォローを重視する態勢に改め、契約者の信頼回復を目指す。
住友生命は、1種類しかなかった入院・手術給付金の診断書の書式を12種類に増やすことにした。
従来は、契約者から給付金の請求を受けた際に保険会社は統一された書式の診断書を送っていた。今後は契約者の請求内容や契約内容をコンピュータでチェックして必要な項目のみを記した診断書を自動的に作成する。例えば、胃潰瘍で入院した人の診断書には、全く関係のない脳卒中や心筋梗塞の給付金請求に必要な記入欄を省く。これにより効率的な診断書の記入が可能になる。
診断書の改定は、契約者から給付金の請求を漏れなく受け付けるためのシステムが10月に稼働することを受けて実施する。顧客から給付金に関する照会や請求があった場合に契約内容に応じて請求の案内をする「案内システム」を利用して、必要な診断書の抽出ができるようになった。
一方、三井住友海上は、意向確認書面にかかわる一連の手続きを電子化する。これにより、契約者は代理店のパソコンかPDA(携帯情報端末)で「契約内容は希望通りか」などの確認事項をチェックし、最後に専用機器で電子サインを行う。
従来の紙の意向確認書面と違い契約者毎に必要な確認項目のみを画面上に表示。また、記入漏れ等があった場合には確認作業ができなくする仕組みになっていることから契約者の利便性が向上するとしている。三井住友海上にとっても電子化することで契約者の意向確認記録を管理し易くなる。
当初は主力の自動車保険で運用し将来的には火災保険や傷害保険など他種目にも広げていく。約5000の主要代理店に電子化システムを無償で提供し、その後取扱代理店を順次増やしていく。
意向確認書面制度は今年2月に金融庁の監督指針が改正されたことに伴って導入。保険金不払い問題の対応策の一環で加入目的や保険金額・保障期間が希望通りか等をチェックすることで契約した保険の内容に関する理解度を確認する。加入保険の内容が分かるため請求漏れなどを防げるという。

住友生命保険,三井住友海上火災保険では,保険金の請求漏れ対策で,診断書のオーダーメード化や保険商品がニーズに合っていることを確認する意向確認書の電子化などと実施するようですが…生命保険,損害保険など保険業界全体で対策の情報を共有し,問題解決に考えられるシステムや書類の見直しを水平展開して取り組んで欲しいものです!更には一番重要であるサービス業の姿勢として,利益を重視し過ぎず,本質を再認識し保険の信頼回復だけに労力を費やしていくことが義務ではないでしょうか!?


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。