主力の自動車保険 全社減収・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主力の自動車保険 全社減収


2007年度上期営業成績 自動車保険の伸び悩み… -大手の損保 6社-

東京海上日動火災保険など大手損保6社の2007年度上期(4~9月)の営業成績(速報値)が4日、出そろった。一般事業会社の売上高に相当する収入保険料は、損害保険ジャパンと三井住友海上火災保険をのぞく4社で減収となった。主力の自動車保険の販売が伸び悩んだため。

損害保険の大手6社の上半期実績が発表されたようですが…自動車保険に関しては6社とも減収という結果になったようです…新車販売の低迷の影響をまともに受けてしまったようで,各社とも自動車保険が主力だけに厳しかったようですね。ただ…損保ジャパンと三井住友海上火災保険は,他でリカバリーし収入保険料としては増収となり,戦略差が顕著に出ているようです!



収入保険料の半分近くを占める自動車保険は全社で減収となった。新車販売低迷の影響で新規の契約獲得が伸び悩んだことが減収要因となった。「自動車販売の環境悪化で、個人向けと大口の法人向けの双方の販売が低調」(東京海上日動火災保険)で、今後も厳しい状況が続くとみられる。
これにより、東京海上日動火災保険、あいおい損害保険、日本興亜損害保険、ニッセイ同和損害保険の4社が減収となった。東京海上日動火災保険と日本興亜損保は、保険金の不払い問題で4月から3カ月の業務停止処分を受けたことで、第3分野商品を含む傷害保険の販売が落ち込んだことも響いた。「業務停止処分の直接の影響に加えて、処分解除後も再発防止活動や信頼回復活動に注力しているため、営業活動に専念できなかった」(東京海上日動火災保険)としており、両社は下期以降も厳しい状況が続く見通し。
一方で、全体で増収を維持した損保ジャパンと三井住友海上火災保険は、自動車保険の販売成績は不調だったものの、前年同期に保険金の不払いによって金融庁から業務停止処分を受けていた反動から全体では増収を確保した。「業務停止処分の影響をようやく払拭(ふっしょく)することができた。今後も信頼回復活動に取り組みながら、主力商品の自動車保険の増収を目指したい」(三井住友海上火災保険)としており、下期以降も引き続き増収基調を定着させることを目指している。
企業向けの賠償責任保険を中心とする新種保険は、東京海上日動火災保険を除く5社で増収を確保した。景気回復によって企業向け販売が順調に推移している。

生命保険と同様に損害保険の業界でも一連の保険料不払い問題の影響や自動車保険の伸び悩みを抱えていたものの…やはり,この状況下においても増収という結果を残した損保ジャパンと三井住友海上火災保険の実力は認められますね!苦しいときにこそ企業の力差は明確になりますから,損保ジャパンと三井住友海上火災保険は損害保険の業界でも企業力が上といっても過言ではないでしょうね!各社とも自動車保険の伸び悩みの状況は続くでしょうから,今後,他社が損保ジャパンや三井住友海上火災保険の実績を上まわることが出来るのか?経営判断に注目ですね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。