コールセンターの管理システム増強・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールセンターの管理システム増強


生命保険の大手 日本生命が投資額 約50億円で!

生命保険の大手の日本生命保険は契約者からの問い合わせに応えるコールセンターの顧客管理システムを抜本的に改めた。投資額は約50億円。今回の改定で、コールセンターと営業現場等で別々に管理していた契約者からの請求内容や苦情情報等を一元化。これによりスピーディーな対応が可能になるとしている。

生命保険の大手である日本生命で,コールセンターのシステム増強のために,約50億円の投資をするようです!生命保険の業界は,一連の保険金の未払い問題で,加入者の信頼回復に向けて取り組んでいる最中であり,このコールセンターのシステム増強も現状よりも顧客管理を充実させ,顧客満足度をUPさせるという信頼回復に向けた手段の一つとも言えるでしょうね!



将来的には、同システムを活用してインターネット上で、生命保険などに関連する給付金などの請求手続きを直接行えるサービスも導入する予定。また、入院給付金請求時に、オペレーターの記入漏れを防ぐナビゲーションシステムと、支払い見込み額をその場で回答できるシステムも導入した。これにより、迅速かつ正確な支払い業務を提供できるようになるとしている。
同社のコールセンターは東京と大阪あわせて年間約170万件に上る契約者からの問い合わなどに対応している。今回の抜本的なシステム改訂で、これまで以上に充実したサービスを提供していく。

電機メーカーやサービス業関連など,コールセンターを利用している業種は多く見受けられますが,今回の生命保険の大手の日本生命のように,更に効率的に利用しようとシステムの改善をしている企業も多いのではないでしょうか!?最近はインターネットの急速な普及という背景もあり,以前のコールセンターとは違い,WEB上でやり取りが可能ですから,サービスの幅や質を向上させることができるでしょう!最近,世間で注視している生命保険の業界に限定していえば,既にコールセンターを保有している企業もあると思いますが,システムの見直しも視野に入れて取り組み,生命保険に対する信頼度を早く回復させて欲しいものです!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。