阪急阪神HD 共通新カード発行・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急阪神HD 共通新カード発行


グループ共通新カード『STACIA』10月発行

阪急阪神ホールディングス(HD)は、グループ共通の新カード「STACIA(スタシア)」を10月1日に発行する。これまで阪急電鉄は「HANA PLUS(ハナプラス)カード」を、阪神電気鉄道は「CoCoNet(ココネット)カード」をそれぞれ発行してきた。両社で利用特典が異なるため、グループ各施設で共通のサービスが受けられるカードを発行し、交通機関や商業施設などグループ全体の販売を促進する。

阪急阪神ホールディングスで,従来各々で発行していたカードの利用者が不便とされていた問題を解消すべく,グループ共通の新しいカード『STACIA』を発行し,利用者の利便性向上を図り,新たなカード申込にもつなげ,グループ全体の事業の活性化に向け展開するようです!



新カード「スタシア」は、ICカード乗車券「PITAPA」やクレジットの機能を持ち、交通乗車に加えて、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)、阪神甲子園球場(同西宮市)、ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区)など阪急阪神HDグループの商業施設やホテルなどの利用時にポイントが付加される仕組み。ポイントは1000ポイント1000円のクーポン券「スタシアクーポン」に交換し、グループの約1300施設で利用できる。
現在、ハナプラスカードの発行枚数は25万枚、ココネットカードは3万6000枚。これらの切り替えを含め、スタシアは2010年度に70万枚の発行を目指す。

新カードは,ICカード乗車券やクレジットの機能を備えているほか,グループ商業施設やホテルなどの利用ポイント制も行うというような特徴がありますので,新規のカード申込や従来のカードからの切り替えも多数行われることでしょうね!今やカードはクレジットの他に多機能が利用可能が当然のようになってきておりますので,新規のカード申込の獲得のため,特典などのサービス競争はますます活発になるでしょうね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。