結婚の支援を結婚情報会社に委託・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚の支援を結婚情報会社に委託


結婚情報の会社が愛知県から少子化対策の関連事業を受託

結婚情報会社のオーエムエムジーは愛知県から少子化対策の関連事業を受託した。20歳以上の独身男女に対して結婚への意識を高める講座と出合いの場となるパーティーをセットにしたイベントを県内で開催する。

少子化問題の対策の一環として,今回,愛知県では,結婚相談や結婚紹介などの結婚情報を専門的に取り扱う民間企業に結婚を支援する事業を委託したようですね!行政が単独で推進するよりは結婚情報のプロの仕事のほうが効果的であると思われるので,良いアイディアだと思います!



愛知県によると自治体の「結婚支援」事業は外郭団体などに任せる例が多く、民間企業への委託は都道府県で初という。県は難しい少子化対策で民間の豊富なノウハウを活用したい考え。
イベントは10月から来年2月まで各回男女40人ずつの参加で計6回開く。心理テストで性格を分析したり異性への接し方を伝授する講座の後、パーティーで参加者にうち解けてもらう。対象は愛知県内の在住または在勤者。参加費は男性が7000円、女性が5000円。
受託金額は640万円。同社は「うまくいけば他の自治体でも同様の事業をやりたい」としている。

餅は餅屋というように,結婚相談や結婚紹介などという結婚を支援する事業であれば結婚情報の専門企業に任せるのが得策でしょうね!一見簡単そうに考えてしまいがちですが…デリケートな部分が関わってきますから,専門的な知識やノウハウが必要でしょう!対象の結婚相談の希望者にとっても結婚紹介をする側にとっても,実務としては行政が取り組むよりもスムーズに進み効果的でしょうからね!従来までは結婚相談所といえば躊躇しがちなところがありましたが,行政が委託したということであれば,結婚相談所のイメージUPにつながるでしょうし,利用しやすくなるでしょうから,積極的に推進した方がいいと思います!他の自治体は様子をみているようですが…直ぐにでも取り組めるよう準備し,実のある税金の使い方をして欲しいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。