VW 走りと燃費の新型ゴルフ・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW 走りと燃費の新型ゴルフ


新型エンジン搭載「ゴルフGT TSI」発売!!

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市、梅野勉社長)は19日、新型2ボックス車「ゴルフGT TSI」を2月6日から発売すると発表した。東京都千代田区の東京国際フォーラムで開いた記者会見で梅野社長は、「画期的なエンジンを搭載したダイナミックで革新的なクルマ。戦略的に日本で広く普及させたい」とアピールした。

日本での輸入台数では№1の不動の地位を維持しているフォルクスワーゲン!
その中でも幅広い年齢層から人気の高いゴルフに新型が発売されるようですね^^!
どこまで進化したのか注目です!!




1974年に初代を発売した「ゴルフ」は、世界累計で約2300万台を売り上げた同社の主力車種。今回発表した新型は、2004年夏に日本で販売開始した最量販グレード「ゴルフGT」の後継車として位置付けている。
エンジンは日本初導入となる新型TSIエンジンを採用。排気量は前モデルの2.0リットルに代わり、1.4リットルとした。スーパーチャージャーとターボチャージャーの2種類の過給機を、直列4気筒DOHCの直噴エンジンと組み合わせることで、2.4リットル車に匹敵する性能と、「ゴルフ」シリーズ歴代最高のリッター当たり14.0キロの燃費を実現した。変速機はVW独自開発のセミオートマチックタイプ6速DSGを採用し、素早くダイレクトで、シフトショックのない伸びやかな加速を実現したという。
TSIエンジンについて、パワートレイン開発担当のルドルフ・クレップス最高責任者は、「燃費は市街走行に向いており、なおかつ大きなエンジン並みのパフォーマンスが実現できる」と強調。他車種への搭載については「将来のベースになる技術なので、いろいろなモデルへの搭載を考えている」と語った。
税込み価格は305万円で、「ゴルフ」シリーズの主要顧客である30~40代をターゲットに据える。

排気量は抑えてスーパーチャージャーとターボの過給機とDOHCとの組み合わせで性能は維持し,且つ燃費は向上させたんですね!
更に!加速も良くシフトショックも抑えてなめらかな走行性を実現したというVWの自信が伝わってきます!
私も次の買い替えはゴルフかニュービートルと考えていたので先ずは試乗が楽しみです^^



(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。