糖尿病患者の地域格差は3倍・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病患者の地域格差は3倍


生活習慣病で多い糖尿病患者の地域差の理由は?

都道府県別の人口10万人当たりの糖尿病患者による1日の外来受診者が、平成17年は最多の徳島が262人で、最少の沖縄の88人の3倍に上ることが11日、厚生労働省の調査で分かった。多いのは地方圏に目立ち、公共交通機関が発達していないため、近距離の移動にも自動車を使うことが多いなど、運動不足になりやすいことが一因となっていると推測している。

最近の健康ブームから,メタボリック症候群に注意,予防と関心を持って生活する方が多くなってきておりますが…生活習慣病で代表的な糖尿病患者についての地域差などの調査結果が出たようです…



徳島は、糖尿病による死亡率も平成5年から17年まで13年連続で全国1位。県の担当者は「成人の肥満者の割合が全国平均より高いことや、1日当たりの歩行数も全国平均より1000歩以上少ないことが関係している」と推測する。
一方、受診者が少なかったのは首都圏で目立ち、神奈川(93人)や埼玉(127人)は若い人の割合が比較的高いことを、考えられる理由として挙げた。これらの県では、糖尿病死亡率も全国平均より低い。その他は、特に思い当たる原因が分からないなどとしていた。
しかし、沖縄は糖尿病による死亡率が平均より高く、担当者は「受診者が少ない理由の分析はしていないが、決して糖尿病患者自体が少ないとは認識していない」としている。
受診者が多い理由としては、人口当たり医師数が多いところでは、医師に受診する機会も多くなりがち、との指摘もある。
実際の糖尿病患者数の地域差について、専門家は「2倍程度の差もないだろう。(人口比による受診者の地域差は)患者の中で、実際に受診している人の割合が違うという要素もあろう」(国立国際医療センターの野田光彦臨床検査部長)などとしている。

糖尿病患者で地域差があり,年齢層や原因系も傾向があることも結果からは推測できますが…そもそも糖尿病を含めた生活習慣病が増えてきているのは,食生活の欧米化と運動不足が大きな原因でしょう!?初期の状態では食生活のコントロールで対処できますが,一番危険なのは,重度になり引き起こす,糖尿病合併症でしょうね!日常生活での食事のカロリー管理や適度な運動を心がけて,生活習慣病の予防に努めなければなりませんね!気をつけましょう!!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。