人工骨作る臨床試験・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工骨作る臨床試験


インクジェットプリンター使用

東京大学医学部附属病院のティッシュ・エンジニアリング(組織工学)部と医療技術開発ベンチャーのネクスト21(東京都文京区)は、インクジェットプリンターを使って個別に作る「カスタムメイド人工骨」による形成手術の臨床試験を今秋までに全国で開始する。主に手術やけがによる顔や頭部の骨欠損・変形が対象で、2010年の実用化を目指す。

医療に関する技術は,一般人にとっては,なかなか接する機会がなく知識も乏しいですが…今回,インクジェットプリンターを使ってカスタムメイド人工骨を作るという興味深い医療技術が報じられましたね!とのような技術で確立されたのか?気になるところですが…



この技術は、骨に置き換わりやすいリン酸カルシウムを材料に、X線CT画像データからインクジェットプリンターを使って患者にフィットした人工骨を作る。通常は腸骨(ちょうこつ)と呼ばれる腰の骨を摘出して使う例が多いが、量が限られるほか、子どもでは成長に影響するため成人のなるのを待つ必要があった。人工骨では従来、焼結した水酸化アパタイトを使う技術が知られているが、焼結したものは吸収が遅かった。研究グループは、非焼結のリン酸カルシウムを多糖類水溶液で硬化することで、焼結しないで強度を約10倍に高めた。
研究グループは、医者が主導することで認められる「臨床研究」で、06年3月から07年7月にかけ、18歳から54歳までの男女患者10人の顔面治療に同技術を適用し、形状改善効果と安全性を確認した。
「1ミリ以下の誤差でぴったりと骨に接着し、焼結せず、内部構造も正確に再現できるので生着率が良い」(東大病院の高戸毅ティッシュ・エンジニアリング部長)という長所が実証された。
今秋までに獨協医大、埼玉医大、東京歯科大、東大、順天堂大、鶴見大、京大、大阪医大、神戸大、大阪市立総合医療センターの10施設で治験(実用化のための臨床試験)を開始する。重力がかかるような部位には適用が難しく、主に20歳以上の患者で、顔と頭の形成を想定しているという。

今回の医療技術は,材質に吸収性がよく強度が強いリン酸カルシウムの使用がポイントのようですね!接着性や再現性,生着率もよいという確認も取れ,基本データとして安全性も含めて良好の結果が得られているようです!いずれにしろ,医療に関する人口骨ですから,多くの臨床試験を経てからの実用化が必須でしょうから,現状は臨床試験の準備段階のようですし,今後の動向に注目ですね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。