ネットで医療情報を入手 71%・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで医療情報を入手 71%


ヘルスケアの情報入手にインターネット利用者は増加中 -アメリカ-

米調査会社のHarris Interactiveは7月31日、ヘルスケア情報に関するインターネット利用状況の調査報告を発表した。調査は米国の成人1010人を対象に行われた。
報告によると、ヘルスケア関連の情報入手にインターネットを使ったことがある人は2005年の53%から71%に増加。これは、米国の成人1億6000万人に相当するという。また、ネット人口に対する比率は84%で、2005年調査の72%から上昇している。

インターネットの利用による医療に関する情報入手として…医療保険や医療事務での求人情報などと様々あると思いますが,やはりヘルスケアに関する情報は関心度が高いようで,アメリカでも利用率が71%と高い数値になっており,増加傾向にあるようですね!



ヘルスケア情報の入手にネットを使用した人の88%は、欲しい情報をうまく入手できたと回答。入手した情報が「非常に」もしくは「ある程度」信頼できるとの回答は86%に上るが、「非常に」信頼できるとの回答は26%で、2005年調査の37%から下がっている。
入手した情報について、医者と話したことがあるとした人は58%。逆に、医者との会話に基づき、情報を検索したことのある人は55%に上る。Harris Interactiveでは、インターネットは患者の医療知識に大きな影響を及ぼし、患者と医者との関係や、医療活動にも変化をもたらすものだとしている。

やはり…医療に関する情報は他の分野と比較しても高い信頼度が必要だと思いますし,インターネットで公開している情報も医療関係者や有識者が提供しているということが前提となるでしょうね!ただ…この調査結果からは,非常に信頼できるとの回答が低下しているようですから,中には信頼度の低い情報も流出しているのでしょうね…最終的にはインターネット利用者の判断でしょうけれども,特に医療に関する情報のような重要度の高い情報は,フィルタが欲しいものですね…


(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。