プロミス TOB実施発表・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロミス TOB実施発表


プロミスが三洋信販買収に1038億円!

消費者金融業 第3位のプロミスは26日、5位の三洋信販に対し、完全子会社化による経営統合を目指し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。買収総額は最大で1038億円となる。両社合わせた貸付金残高は2007年3月末現在で2兆320億円となり、1兆9850億円のアイフルを抜いて業界トップに立つ。

以前と比較して経営状況も厳しくなっていると思われる消費者金融業ですが…消費者金融業の大手のプロミスが完全子会社化による経営統合に向けてアクションを起こすようですね!



利息制限法の上限金利を超える灰色(グレーゾーン)金利の撤廃決定で、経営環境が悪化するなか、規模拡大で生き残りを目指す。
TOB期間は8月1日から9月11日までで、買い付け価格は1株3623円。統合が表面化した7月19日の前日までの3カ月間の単純平均値に11・2%のプレミアム(上乗せ分)を付けた。統合の表面化で三洋信販の株価は26日の終値で3650円まで高騰している。
成立条件は50・1%で全株の取得が目標。過半数の応募がなければ1株も買い取らないが、三洋信販創業者の椎木正和氏は保有する44・7%の株を売却する意向を示しているという。東証は三洋信販株を26日付で監理ポストに割り当てた。
プロミスの神内博喜社長は26日の記者会見で、「コスト構造の改革とスケールメリットの追求を図っていくことが急務になっている」と統合の狙いを説明。また、「将来的には合併も選択肢の一つとして検討する」と述べた。

消費者金融でのキャッシングのメリットは簡単にキャッシングが可能ということですが…問題視されていた利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利の撤廃決定で多くの消費者金融業も経営が厳しくなってきたでしょうから,消費者金融業の大手のプロミスのこのような動きもうなずけますね…消費者金融業での生き残りをかけてのアクションで,プロミスとしては合併も選択肢の一つと発言していることから,強い思いも伝わってきます…今回のプロミスの動向次第で消費者金融業の全体の状況も左右されると思うので注目ですね…


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。