インターネットカフェへオフィス移転・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットカフェへオフィス移転


高額 オフィス賃料 不要が魅力!

インターネットの接続料を無料にしたインターネットカフェ(コーヒーショップ)が、オフィスに代わる仕事場としてオフィス移転するというレンタルオフィスがビジネス人で人気を集めている。

最近IT関連企業でも小さなオフィスを構えて起業,経営している方も多いですから,高額なオフィス賃料の削減を考えるとインターネットカフェへのオフィス移転もうなずけるところがあります!広さやサ-ビスの状況にもよると思いますが…日本でもこのようなレンタルオフィスが浸透する可能性もあるでしょうね!?



デトロイトに近いトロイにあるパネラ・ブレッドではワイヤレスインターネット(WiFi)が無料。シスコ・フード・サービシズの地区販売主任のマーク・ユーリックさんはこの店でパンとコーヒーを頼み、パソコンや電話で顧客の注文を取る。「デトロイト周辺のパネラ店はほとんど知っている」という。
人材派遣会社チャレンジャー・グレー&クリスマスのジョン・チャレンジャー最高経営責任者(CEO)は「個人経営者は高いオフィス賃料を払いたくない。ガソリン価格の高騰で通勤費も高くつく。それ以上に長い通勤時間は時間の無駄。これがインターネットが使えるコーヒー店が好かれる理由だ」という。
パネラは米国内にある1056店舗中940店にWiFiの無料サービスを実施している。「何も買わない人もいる。でも、ほとんどの人は何か買ってくれるし、無料サービスが評判になればそれでよい」とパネラのリズ・スケール広報担当はいう。
管理職紹介業のジル・ジョーダンさんは昨年、オフィスを閉鎖し、コーヒー店でのバーチャル業務に特化した。「顧客はオフィスの豪華ないすやデスク、きれいな絵に対して金を払いたいわけではないから、結構、気に入ってくれている」と話す。
ファイザーのメリッサ・ウィリアム医薬品部長はカリブー・コーヒーの常連。オフィスも持っているが「移動中、どこかでとまってリポートを読みたいときがある。そんなときにコーヒー店は便利」という。

確かにこのようなレンタルオフィスのスタイルであれば高額なオフィス賃料を削減したコストをお客さんにも還元できるでしょうから,ビジネスとしてはメリットがあるでしょうね!古い体質の経営者は企業としてのポリシーや価値観の相違で抵抗あるかもしれませんが,IT社会となっている現在では,フレキシブルに順応し,このような形態のレンタルオフィスにオフィス移転という考え方も取り入れる価値はあるでしょう…


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。