ダスキン 高齢者サービス事業強化・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダスキン 高齢者サービス事業強化


フランチャイズ150店へ展開! 

ダスキンは、介護保険制度を使わないシニアケアサービス「ホームインステッド事業」を強化する。24時間体制で高齢者の要望に対応するサービスで、今年度中に同事業を展開するフランチャイズ店を122店から2割増に150店にする方針だ。

高齢化社会の課題として,介護事業などの高齢者に対するサービスの動向に注目が集まっておりますが…ダスキンでは,介護保険制度を使わない高齢者サービス事業を強化することを発表したようです!



同事業は介護保険制度を使わないため、サービス料金は全額利用者負担になる。しかし、制度の枠にとらわれないため、24時間体制で幅広く、きめ細かなサービスが提供できるのが特徴。
具体的には、家事の手伝いや外出時の付き添い、夜間の見守りや庭の草取り、話し相手など、サービスは多岐にわたるという。
ダスキンは現在122カ所でフランチャイズ方式で同事業を展開しており、今年3月末現在の利用者は約2700人。2006年度の売上高は13億9800万円で、「本格的な高齢化社会を迎え、さらにニーズは増える」(山村輝治取締役)と判断。店舗拡大で事業強化に踏み切ることにした。
同サービスを提供するシニアケアスタッフの平均年齢は65歳。介護を受ける高齢者が、同世代のスタッフを指名するケースが多いためで、「定年を迎えた団塊世代をスタッフとして積極採用し、人生経験を生かしたサービスを充実する」(同)としている。
同サービスは2000年2月に、米シニアケア事業者「ホームインステッド シニアケア」(ネブラスカ州)と提携してスタートした。

高齢者に対するサービスとして,一番の重要事項は高齢者がいかに安心してサービスを受けることができるかということだと思いますが…ダスキンの高齢者サービスのポイントはスタッフを団塊世代を中心にするということや家事手伝い,外出時の付き添い,夜間見守り,庭の草取り,話し相手などと多岐にわたるサービス展開のようですね!介護保険制度を使用しないため,費用負担はネックになりますが…実績もあるようですし,利用高齢者が安心している実情は理解できる気がします!介護事業では先日のコムスン問題もあり,不安を抱えている高齢者や御家族の方も多いと思いますので,救世主になってくれることを期待したいですね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。