トヨタが専用ライン初公開・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタが専用ライン初公開


レクサスは聴診器で検査

トヨタ自動車は28日、愛知県田原市の田原工場にある高級車レクサスの専用ラインを報道関係者に初めて公開した。最先端の生産設備の傍らで、高い技能を持った社員が高級セダン「LS」などを丁寧に造っていた。

世界のトヨタの高級車と言えば,やはりレクサスですが…今回報道関係者に初めてレクサスのラインを公開したようです!トヨタ式の生産方法は有名で他分野の企業でも取り入れているところが多く,その中でも高級車レクサスのラインではどのような特徴があるのか?興味深いところです…



ラインでは「LS」のほかモーターとエンジンを組み合わせて動くハイブリッド車「LS600h」等を生産。熟練社員の高度な技能を再現した新開発の塗装ロボットをはじめ、最先端の設備を導入。社員が聴診器で完成したエンジンの音を1台ずつ聞いて検査するなど人間が持つ感性も品質維持に活用した。
田原工場はレクサスのほか、トヨタのスポーツタイプ多目的車(SUV)を生産。計3本の生産ラインを持つ。昨年に新型LSを国内で販売したのに伴い、うち1本がレクサス専用のラインとなった。
トヨタは1台当たりの利益が大きい高級車市場を本格的に開拓するため、平成17年からレクサスを国内に導入。メルセデス・ベンツやBMWなどのドイツ製高級車に並ぶ品質のレクサス車を投入し、伸び悩む国内市場での利益底上げを進めている。

さすがはトヨタという感じですが…聴診器でのエンジン検査は驚きましたね…最新技術の設備導入に加えて熟練者の技能を融合させて高級車レクサスを製造しているんですね!トップ技術とトップ技能がキーポイントになり,世界のトヨタの最高級車レクサスが完成されるのです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。