携帯検索は何文字が多いか!?・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯検索は何文字が多いか!?


意外と長いキーワードが検索されているが…その理由は?

フラクタリストとセランが6月27日に発表した、携帯電話向けサイトでの検索に関する調査によると、検索時にユーザーが入力する文字数は4文字、5文字、7文字が多いという。1文字だけ入力してサイトにたどり着いたケースもあった。

情報収集の手段としてインターネットからGoogleなどの大手検索エンジンを利用することが多いと思いますが,最近の携帯電話の急速な普及により携帯電話での検索により情報収集するユーザーも増えてきており,それに伴い,携帯では検索文字数がどのようになっているのか調査結果が出たようです!特徴やPCとの違いはどうなのか!?気になるところですが…



エンタメ系、情報系など各分野の11種類の公式サイトと、6種類の一般サイトをサンプルに利用し、ログ解析サービス「MOBYLOG」のデータから検索文字数の傾向を分析した。ユニークアクセスは17サイト計約84万回で、うち約40%となる約34万回が検索経由だった。
検索経由で訪れたユーザーの検索ワード上位5位までの文字数を解析したところ、多かった順に4文字(28%)、5文字(25%)、7文字(21%)、3文字(14%)、2文字(5%)の順。1文字の検索ワードも1%あった。
7文字と長いキーワードが上位に入ったことについて同社は予測変換機能がよく利用されている為と分析。あるECサイトには「ファンデーション」(7文字)というキーワードからの流入が多かったといい「予測変換に対応した多くの携帯電話では『ふぁんで』と入れるだけで表示されることが多いため」と見ている。
また、人名に対応した予測変換が普及しているため誤変換した人名による検索はPCよりも少ない。

今回の調査でのサイト利用者の中で,40%が検索からのアクセスということで,携帯電話での検索利用ユーザーが意外に多いという印象ですね!また,1文字検索というのも驚きましたが…携帯電話の予測変換機能が効果的なようです!これから様々なカテゴリのサイトが携帯市場に参入してくることが予想されるので,携帯検索の利便性の要求が更に多くなることでしょう…


(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。