トヨタ 既に世界一だった?・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ 既に世界一だった?


2006年自動車販売 -米紙集計-

米自動車専門週刊紙オートモーティブ・ニューズは12日までに、同紙の独自集計による2006年の世界自動車販売で、トヨタ自動車が米最大手ゼネラル・モーターズ(GM)を上回り、初のトップに立ったと報じた。

自動車販売に関しては,2007年にはGMからトヨタがトップの座を奪うということで,各方面で報じられておりましたが,異なる集計方法では,2006年に既にトヨタがトップに躍り出ていたという結果が発表されまさした!



GMとトヨタの発表では、GMが約29万台差でトヨタを上回っていたが、GMの集計には、出資比率が50%を下回る合弁生産で、中国ブランドとして販売されるミニバン約42万台が含まれていた。同紙はこれを除外、その結果、トヨタが880万8000台、GMが867万9860台となり、約12万8000台の差でトヨタがGMを追い抜いた。
トヨタは07年に、GMが1931年以来保持している首位の座を奪うことが確実視されているが、同紙の集計では1年前倒しでトヨタが世界一となったことになる。
中国大手の上海汽車などとGMの合弁生産では上海汽車が51%を出資、販売されるミニバンも中国メーカー「五菱」ブランドで売られていた。
自動車大手の世界販売台数の集計基準は「決められていない」(トヨタ)が、トヨタは同紙に近い集計方法という。(共同)

自動車大手の世界販売台数の集計基準が明確になっていない為,このような集計差が生じてしまったようですね…トヨタもGMもこの数字に関して特に動じている様子も見られませんが…いずれにしろ,多少の時間差で間違いなくトヨタがトップになることは間違いないでしょうし,トヨタには基準差に影響されない実績を出して名実ともに世界一になって欲しいですし,ホンダを含めて他の国産メーカーにも追従して欲しいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。