Google ユニバーサル検索構想発表・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google ユニバーサル検索構想発表


Googleが開発中の新技術に基づき検索エンジンをアップグレード

Webサイトや画像、ニュースなど、あらゆる情報の検索を1度で――米Googleは5月16日、総合的な検索エンジンの「ユニバーサル検索」構想を発表、その「第一歩」として、検索エンジンのデザイン変更や新機能追加などのアップグレードを発表した。

検索事業では圧倒的なシェアを持つGoogleですが…検索エンジンを更に進化させるようです!1度のクエリーで異なる種類の情報検索が可能となるようにするとのことですので,ユーザーにとっては利便性が向上し,幅広い分野や種類の情報を短時間で入手できるようになりますね!



Googleの目指す「ユニバーサル検索」は、最適な検索結果が1度の検索で、情報の種類や情報源を問わず、すばやく入手できるというもの。Googleは、異なる種類の情報を自動的に比較し、ランク付けする技術を開発中で、今回のアップグレードではその技術を採用し、Webサイト、動画、画像、ニュース、地図、書籍の検索が1度のクエリーで可能となる。
例えば、映画「スター・ウォーズ」のキャラクター、ダース・ベイダー(Darth Vader)を検索すると、映画の公式サイトへのリンクに加え、画像やYouTube内のビデオクリップ、演じている俳優の関連ニュースなどがランキングに沿って表示される。Googleでは、今後もカバーする情報の種類を増やしていく予定。
今回のアップグレードではまた、新しいナビゲーション機能も追加された。検索クエリーを実行すると、検索結果の表示に加え、「ブログ」「書籍」「グループ」など、キーワードに応じて別の検索クエリーへのリンクが表示される。
Google検索画面のデザインも変更された。Webメールサービス「Gmail」や予定表「Google Calendar」など、Googleが提供する別のサービスへのナビゲーションバーが、画面左側に表示されるようになる。
Googleでは、さまざまなサービスの試験バージョンを「Google Labs」で公開しているが、検索結果を地図上や時系列で表示できる試験バージョンの検索エンジンを「Google Experimental」として公開したことも明らかにした。
Googleの検索製品部門の副社長、マリッサ・メイヤー氏は「ユニバーサル検索の究極の目的は、Web上に存在する情報間の壁を取り払い、ユーザーがクエリーを入力する際に、常に最適な回答を提供すること」とコメント。「まだ道のりは長いが、今日の発表はその方向への大きな一歩だ」としている。

検索エンジンを利用する時に,目的とする情報に検索ワードがマッチせずに時間を要してしまうという経験を持っている方もいると思いますが…今回のGoogleのユニバーサル検索でクリアーされそうですね!まだ日本語版には対応していないようですので,早期の対応に期待したいものです!Googleの開発や取り組み姿勢は,痒い所に手が届く的なユーザーのニーズにマッチしたスピーディーな対応ですので,あらためて,急成長し続けるトップ企業である理由が理解できますね!


(引用:ITmedia News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。